ニキビ 赤み

赤いニキビは要注意!赤くなる前の白ニキビのケアが大切です

ニキビは皮膚の違和感や痛みなどが主な症状となりますが、それと同等以上に重要なものになるのが「赤み」です。遠目に見ても明らかに赤くなってしまっているということになると、外を出て歩くのも恥ずかしいと考えてしまう人も多いでしょう。

 

ニキビは皮膚にできる赤いできものといったことで捉えられがちです。もちろんそういった症状もありますが、ニキビには段階があって、赤いニキビというのは最終段階に近いニキビに分類されます。そのため、赤いニキビは通常のニキビとはちょっと違うということを知っておかなくてはいけません。

 

初期段階のニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まってしまい、それが皮膚の外側から白く見えるようになることから始まります。赤くなるのはその後のことなので、赤いニキビになる前の「白いニキビができた段階で治す」ということが重要です。

 

と言っても現実的にそれを完全に行っていくことは難しいものですし、中にはそうした段階でのケアができなかったという人もいるでしょう。そうした場合には「抗炎症作用を持つスキンケア用品を使う」ということが必要になってきます。

 

皮膚の赤みは、基本的には皮膚の奥で炎症が起きてしまうことで肌が赤く見えるようになります。そのため、抗炎症作用のあるスキンケア用品を使えば早い段階で元に戻すことができるようになるのです。

赤いニキビ跡を消す方法

赤ニキビの対処に合わせて、知っておきたいのが「赤いニキビ跡」への対処方法です。一度赤いニキビができてしまうと、色素が沈着してしまい赤く跡が残ってしまうケースが多く見られます。せっかく炎症が治ったのにまだ皮膚は赤いままと言うようなケースが良く見られます。

 

この場合にはまずビタミンC誘導体を含む化粧水を使ってケアをすることを考えましょう。ビタミンCには美白作用や皮脂分泌を抑える作用がありますから、これによって跡が早く消えるような環境を整えてやるのです。

 

ただのビタミンCでは効果はみられませんが、誘導体としてのビタミンCであればお肌によく浸透してニキビ跡の赤みやニキビそのものを抑えてくれるのでおすすめしたい方法です。ただ、ビタミンCによって皮脂の分泌が抑えられるため、乾燥肌の方は使用後にお肌の乾燥を感じやすくなります。その時は乾燥を防ぐクリームを併用することをおすすめします。

 

多くの方がこの方法で改善できるかと思いますが、ビタミンC誘導体の化粧水だでは効果が薄いと感じられるようであれば、皮膚科に行ってより専門的なケアを受けることを考えた方がいいかもしれません。皮膚科であればそのニキビ跡を消すための適切な医薬品を処方してもらえますし、また場所によってはレーザー治療などで直接跡を消す施術を受けられることもあります。

 

残念なのは、ここで用いられるレーザー治療が保険適用外であるというところ。そのため自費診療になりますが、効果の面で言えば「高いものを期待することができる」というのは間違いないでしょう。

 

ニキビは一度できてしまうと非常に厄介なものです。そうなる前に、普段からしっかりとしたスキンケアを心がけるようにしてください。

ニキビができる原因はアクネ菌なので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を共有で使用したり、直接肌が接触してそのまま洗わなかった場合などに、ニキビの原因であるアクネ菌がうつる可能性も少なくありません。また、自分のニキビを触った手で、顔の他の場所に触れると、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。妊娠の初期はホルモンバランスの乱れといったことからニキビがでやすくなるのです。さらに妊娠による精神的なストレスもニキビの原因の一つとなります。ですがだからといって、抗生剤等は使用できません。ホルモンバランスがしっかりと整えられるように、とにかくリラックスをして、体を静養させましょう。なぜニキビが出来るのかは、ホルモンの過剰な分泌それが理由だと言われています。だからこそ、成長期にニキビが出来てしまうのです。ニキビを防ぐにはたくさんの中の一つが、規則正しい睡眠時間です。そうすると、健康的な日常にも繋がります。実際、ニキビは、ものすごく悩みます。ニキビができる時というのは、たいてい思春期ですから、ものすごく気にしていた人も多いと思われます。元々、予防していくことも大切ですが、薬で治すことも出来ます。ドラッグストアへと行き、薬剤師に聞いてみたりすると、合う薬をすすめてくれます。この時期、ニキビ予防において大切なのは、菌がつかない環境を準備することです。ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、枕をしばらく洗っていない、手で直接肌に触る等の行為は、顔に雑菌を塗っているのと同じです。いつもに清潔を保てるように気をつけて生活しましょう。

更新履歴